ff7リメイク予約セブンネット専用ページ。
(現在調整中なのにズルズルズルズル・・・っと。)

初めてやり込んでクリアしたファイナルファンタジーはFF14新生エオルゼアでした。

前々からシリーズ自体には触れてはいたのですが、
実際にクリアしたのはFF7かFF14かの2つです。

FF7に関しては
『チョコボの不思議なダンジョン2』についてくる
『不思議なデータディスク』を使用してのプレイだったため、
きちんとクリアしたFFはやはりFF14新生エオルゼアだと思います。


FF14を始めたきっかけは友人からのお誘いで、
ちょうどオンラインゲームに飢えていた時期でした。


当時は友情ブレイカ―・ギスギスオンラインと
散々呼ばれるほど個々人の責任が重く、
一人のちょっとしたミスで全滅してボス戦を最初から等
かなり酷なゲームだったと思います。

実際初心者の頃は右も左もわからず頭を抱えていましたし、
予習必須なオンラインゲームという前代未聞のオンラインゲームですし、
かなり荷が重いヒーラー職をメインで使っていたため

全フェーズ暗記してほぼ全て先読みで行動しなければ対応できない
という胃が痛くなるような事をやっていましたが、
それでも私はFF14新生エオルゼアが
今までで一番やってよかったと思えるオンラインゲームです。


たしかに個人の責任や、スキル回し、ヘイト管理に
バフデバフ管理、技管理、ギミック処理に消耗アイテムの大量浪費。

果ては最新装備をマーケットで○百・○千万単位のゲーム内通貨を使ったり、
ステータスまで振り直すなど本当に大変なゲームではありましたが、
最高難度コンテンツをクリアできた時の達成感や得られた絆は何物にも代え難い物です。


当時のハイエンドコンテンツ、
大迷宮バハムートを難易度緩和前に攻略できた今では
もうFF14に満足し引退してしまいましたが、
初めてオンラインゲームで無駄な時間ではなかったと思えた作品でした。

 

>>管理人:7番街の巨乳<<

FF7はやりまくりました。

リメイクはうれしいですが、最近のスクエニRPGは、キャラに喋らせすぎ!な気がします。

良くも悪くも、昔のゲームは、声がなくてプレイヤーに想像の余地があったのですが。。。

リメイクするにあたっては、そこら辺が心配ではあります。

でも、FF7リメイク決定は嬉しいことです。

WADA社長の頃から、ファンは作れ作れ言ってましたからね。

当然、私もその一人。

FF7のリメイクが終わったら、次はFF11オフラインお願いします。

© 2017 ff7 リメイク 予約 rss